--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/31 (Fri) The Midwife's Apprentice
The Midwife's Apprentice YL6 総語数21983語
The Midwife's Apprentice (rpkg) (Trophy Newbery)The Midwife's Apprentice (rpkg) (Trophy Newbery)
Karen Cushman

HarperCollins 1996-09-30
売り上げランキング : 87900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Midwife's Apprentice [an]:Karen [as]:Cushman


midwifeとはお産を手伝う女性、日本で言えば助産婦さんですが(時代とやっていることを考えるとお産婆さんという語をあてるほうがこの本では良いかも)その弟子になった女の子の話です。
時代は中世イギリス。(会話の中で「王様の名前は?」に「エドワード」「longshanks」「Hammer」などの答えが返ってきているのでイングランド王、エドワード一世の時代なのでしょう)物心ついたときからたったひとりでいきてきた子供、ガキとかフンコロガシムシ、としか呼ばれていなかった少女が、村のmidwifeに拾われ、猫を助け、自分で自分に名前をつけ、村になじみ、midwifeの技を覚えていきます。しかし、とある失敗の後に彼女はmidwifeの元から逃げ出します。彼女は宿屋で働きながら自分の本当の望みに気付きますが・・・

年末ぎりぎりにもう一冊読むことができました。秋に丸善の洋書フェアで買ってあった本で、1996年のニューベリー賞受賞作。The midwife's apprentice です。
さすがに読ませる本で、受賞も納得です。派手な話ではありませんが、中世の村人たちの生活や、様子がしっかりと描かれています。
YLは迷いましたが6としました。難しめに設定したのは、中世イギリスが舞台で、中世の生活様式が何の説明もなくばっと出てくるところや、仕事内容がお産なので、やたらとハーブの名前が出てくる、ところ、無学な少女の言い回しが、現代英語文法とはずれているところが、読みがたい印象だったからです。
逆に中世イギリス好きで、あのあたりの時代はほぼ把握されているような方はストーリーラインを普通に追えて読みにくくはないかもしれません。

こちらは邦訳も出ています。

アリスの見習い物語アリスの見習い物語
カレン・クシュマン 中村 悦子

あすなろ書房 1997-02
売り上げランキング : 478090

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1443-8c5b9311

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。