--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/16 (Thu) Dog on it
Dog On It 2879/4396
Dog On ItDog On It
Spencer Quinn

Pocket Books 2009-09-03
売り上げランキング : 12764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Dog On It [an]Spencer [as]Quinn


19章ー20章

スージーの元彼は刑期短縮で出てきた模様。LAに引っ越すので空港まで送ってってくれとのこと。なぜバーニーの所に来たのかといえば、新聞社に連絡したら、記事の事で私立探偵と動いていると教えてもらったとのこと。スージーは自分への好意からではなく、記事のために事件にかかわりたかったのかとバーニーはしょんぼり。そしてトレスからの情報で、ベガスの映写技師が携帯の写真で、映画館から出るMadisonの姿を撮影していた事を教えてもらいます。
ベガスへ向かうバーニーとチェト。ベガスで、ChamblissとkeeferからMadison はベガスの探偵に探してもらうのでもう探索は必要ないと告げられます。映写技師(ロシア系の名前)にも会って話を聞きますが進展なし。
しかし全体の展開がどうにも腑に落ちないバーニー。お金にならない探索を続けるべきが悩ましいところですが、どうやら彼はこの件を投げ出す事はしないようです。


やきもきするところ、といえば、今までもそうだったのですが、チェトが犯人たちと関連することを思い出して吠えても、バーニーにはうまく伝わらない事の方が多いんですね。そしてチェトも犬らしく、飼い主に「こら、おとなしくしてろ」と命令されるととおとなしくなってしまって、そしてすぐ忘れてしまう。
これは、せんに読んだ、Buddy Filesでもそんな感じでした。そうそううまくペットと人間の意思の疎通ができない、もしくは欲しいもの、したいことを誤解される、というのが

どこぞでありがちな、飼い主とペットの意思がツーカーで、というところがないのが本当に犬と飼い主らしくて良いといえばそうなのですが、やはり「バーニー、違うよ、気付いてよ!」と言いたくなってしまいます(^^)
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1484-64197121

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。