--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/13 (Wed) A Wind in the Door
A Wind in the Door 74/237
A Wind in the Door (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Wind in the Door (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 74441

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A t]Wind in the Door[an]Madeleine [as]L'Engle


第3章

木陰から出てきたのは夜のように暗く木のように背の高い男性で、彼は自分のことを[Teacher]と名乗り、自分はメグたち3人と、チャールズがドラゴンと呼んだ、その大きな羽とたくさんの目をもつ生き物 ー Proginoskesという名前のケルビム ー の先生なのだと言います。彼は自分が申し出てというよりは請われて教えてにきているのであって、可能ならばチャールズを病気にしている原因を明らかにし、彼を健康にしたいと言います。

Teacherは自分をただBlagenyと呼ぶように言い渡し、それぞれに課題をいいつけました。チャールズには 彼が自分自身でありながら社会と適応するのを学ぶこと、メグには3つの課題をパスしなければいけない、といい、一つ目はProginoskesと共に自分が一体何であるか、ということを見つけ出すこと、カルヴィンの課題は今夜ではなく明日と告げます。

Proginoskesと牧草地で別れ、Blagenyと共に家に戻る道すがらへびのLouiseと出会います。Blagenyは彼女もまたTeacherであり、メグの双子の弟たちにLouiseが目をかけているのが彼らがいずれTeacherになるからだと伝えます。

Blagenyと別れ家に入った3人、母はラボで顕微鏡をのぞいており、部屋にはかかりつけ医のLouiseが来ていました。


「私の学校はcosmo」という教室のない学校のはじまりです。今回3人のメンターはこの方なんですね。彼から3人は何を学ぶのでしょう。蛇のルイスも、かかりつけ医師のルイスの方もミステリアスです。彼女が大学で研究をしたり、街場の大きな病院で働かずにこの小さな街にやってきたことに何か理由はあるのでしょうか_ しかし前回の冒険でせっかく帰ってきたお父さんはまた政府のあれやこれやで出張中。なんかあれだ、ここの家ってずっと父親不在っぽい。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1499-4793120c

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。