--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/29 (Fri) A Wind in the Door
A Wind in the Door 総語数47595語 YL 5
A Wind in the Door (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Wind in the Door (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 74441

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A t]Wind in the Door[an]Madeleine [as]L'Engle


第12章

Echthroiに取り込まれてしまったJenkins校長を取り戻そうと奮闘するメグたち。しかしなかなかうまく行かず、カルヴィンやメグ自身も耐えきれなくなりかけたそのとき、Proginoskesは自らをX-消失させ、それと引き替えのように風と炎と翼とでその場を占め、メグは全てを抱えて、Echthroiを充たし、namedします。

そうした次の瞬間、メグとカルヴィンと校長はチャールズの部屋にいました。部屋ではMurry夫妻と双子、ルイス医師がいて、そしてチャールズはベッドに起き上がっていました。
自分たちはチャールズのミトコンドリアに居たと話すメグ。うわごとでチャールズがそうだと言っていたけれど、と言った父に校長も、本当の事ですと告げます。
大団円の中、メグはProginoskesは? Blajenyは? と完全に喜びの中にはいられません。カルヴィンはメグに、Proginoskesに何が起こったのか自分も知りたい。とにかく彼がどうやってか大丈夫だということはわかるけれど、と話します。

二人は北の牧草地に出かけてみますがProginoskesにもBlajenyにも会えません。しかし二人が家に戻ってきた時に、台所へ通じる扉がバタンという勢いで吹き開けられました。風もない夜なのに。 メグはチャールズの部屋へと上がっていきました。


あらすじにしちゃうとなんだかヘンだな。このProgoのself-exingと、Echthroiをnameするあたりのたたみかけるような表現がすごくテンポが良くていいんですよね。それから、変化を自覚した校長先生とか最後の余韻のところとか。

しかしあれです、30年越しくらいで5次元世界の冒険の続編を読めて良かったです。ホントならやっぱり30年前に読んでおきたかった気もしますが。

さて、勢いでA Swiftly Tilting Planet 行けるかな? 次巻ではチャールズは15才だそうです。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1504-b115d40c

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。