カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

A Swiftly Tilting Planet

A Swiftly Tilting Planet 109/278
A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 19600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A [t]Swiftly Tilting Planet [an]Madeleine [as]L'Engle's Time Quintet


第5章

Gwydyrは湖を越えた部族を従え、風の部族の古老の娘を娶りを部族を従えようとやってきたのでした。Madocは戦いの前に2つの異なる未来を見、runeを唱えて、戦いに臨み、Gwydyrを倒し、Zyllに改めて妻問いしました。
そしてMadocから離れたチャールズ。ユニコーンは、Gwydyrはこの湖を離れ南アメリカへ渡ったと言います。
チャールズはウェールズとVespugiaとBranzilloがどう関係しているのかを見つけださなければならないと考え、kytheしているメグにそれを探し出して欲しいと願います。
現代側でそのメッセージを受け取ったメグは、双子の兄弟の所に尋ねに行きます。双子はVespugiaはスペインやイギリスから植民されたが、1865年にあるウェールズの一隊がチュブ川のほとりに定住したと教えてくれます。
1865年は南北戦争が終わってリンカーンが暗殺された年でアリスが書かれた年で、そしてMatthew maddox の最初の小説、Once more united が出版された年だと言います。
この情報をチャールズにkytheするメグ。しかしこれが一体何とどうつながっているのかまだ見当もつきません。


このあたりネイティブアメリカンの伝説を語り直されている感じ。これが南米の独裁者と、カルヴィンの先祖とどうつながるんでしょう???
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計