--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/07/20 (Fri) A Swiftly Tilting Planet
A Swiftly Tilting Planet 151/278
A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 19600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A [t]Swiftly Tilting Planet [an]Madeleine [as]L'Engle's Time Quintet


第6章

チャールズとユニコーンは1865年に行こうと飛び立ちますが、不意打ちを食らい、1865年より前の、別の「時」に飛ばされてしまいます。
しかしこの「時」も重要なポイントのようで、チャールズはBrandonという少年の中に入り込みます。
Brandonはこの地に植民してきたウェールズ系の住民で、ネイティブアメリカンの風の一族たちと仲良く過ごしてき、兄のリッチーは風の一族の娘、Zylleと結婚して子供が生まれようとしているところです。
Brandonにはvisionを受け取るギフトー才能があります。
植民してきたこの地には人々が増えるとともに状況が代わり、とりわけ、牧師のMortmainが来てからは、風の一族との交わりは良しとされず、さらには、Zylleを魔女とつるし上げる次第にまで発展してしまいました。
その公開処刑の日、BrandonがZylleの父、Zilloから教わったルーンを唱えると、Mortmainの教会には雷が落ちて燃え、処刑はとりやめとなりました。


この時点で湖はなくなっています。上に書いたようにあらすじにしてしまうとあれですが、風の一族と植民者たちとの溝や、魔女狩りの狂乱などぞっとする感じ。

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1510-6631617b

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。