--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/09/06 (Thu) The Cater Street Hangman
The Cater Street Hangman 総語数84000語 YL7
The Cater Street Hangman: The First Charlotte and Thomas Pitt Novel (Mortalis)The Cater Street Hangman: The First Charlotte and Thomas Pitt Novel (Mortalis)
Anne Perry

Ballantine Books 2008-09-30
売り上げランキング : 157402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]Cater Street Hangman: The First Charlotte and Thomas Pitt Novel (Mortalis)[an]Anne [as]Perry


犯人の目星はまったくつかないまま、3人目、4人目の犠牲者が出てしまいます。二人とも若い女性で同じくCater streetで殺されたのです。ピット警部は足繁くエリソン宅にやってきて聞き込みを行い、エミリーは彼はシャーロットを崇拝しているのだと言います。そうこうしている間にシャーロットの義兄ドミニクに対する秘めた想いがさらけ出されたり、義兄ドミニクと父エドワードの不貞が発覚したり、アシュワース卿の乱交がとりざたされたり、とシャーロットの家族の中が混乱しているところに今度は長姉のサラが殺されてしまいました。失意と混乱の中で犯人とその動機がついに明かされます。


ということで読み終わりました。舞台はヴィクトリア朝ロンドンですが、語り口は平易で極端に難しいいいまわしや単語もなく読みやすい本でした。YL7くらいかな?? ヴィクトリア朝ロンドンの雰囲気や社会情勢にうといともうちょっと難易度があがるかもしれません。
犯人の動機に関しては作者の経歴を思うとちょっとうわぁ、という気がしないでもありませんが、うがちすぎかな。

そして犯人の謎解きもさることながら、当時の社会情勢や、暮らしぶりなどがいろいろ読み取れておもしろかったです。
アッパーミドル(多分。ミドル・ミドルかもしれませんが)クラスのシャーロットと、ワーキングクラスのピット警部との恋の前途多難ぶり、というかまず想定外という状況が21世紀の日本に生きる自分としてはうわー、という感じです。そういった所も読みどころの一つなのかな。
ピット警部のシリーズはミドルクラス以上の家庭での犯罪をワーキングクラスの警官が捜査する難しさというところも味わいの一つだと思います。江戸時代に十手持ちの岡っ引きが武家屋敷内で起こった事件に手を出せないのに似た雰囲気かも、などと思いつつ。

2巻目以降もぼちぼち読んでみたいと思います。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1513-f83e276e

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。