--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/09/24 (Mon) The House of Crows
The House of Crows1213/3751
The House of Crows (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)The House of Crows (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)
Paul Doherty

Headline Book Publishing 2001-06-09
売り上げランキング : 741041

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
>The [t]House of Crows (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)[an]Paul [as]Doherty


chapter3-4

2階に上がってみるとベネディクト神父がお祈りを捧げていました。本来来るはずだった彼は母親の所に行っていて連絡に気が付かなかったとのこと。しかしアセルスタンは彼が何か嘘をついていると感じます。二人の持ち物に共通の本ーアーサー王伝説のもの、記章ー白鳥の意匠があることに気付き、クランストン卿は二人が同じ集団に属していたのだと言います。二人は同じ恨みを持つ暗殺者に殺されたということだと。
そこにCoverdale卿が到着、会議が終わったのでメンバーに会えると伝えにきます。急ぎchapterhouseへ向かう3人。その姿を宿の敷地内から密やかに見送る人影があります。「預言者の警告が成就するを見よ」という呟きとともに。

その頃サザークではねずみ取りのラナルフが依頼を受けてReeking通りの空き家のネズミ駆除を行おうとしています。
誰もいないはずの空き家の中で階上からものおとが聞こえるのに、ラナルフは階段の下から見上げると、アーコンウォルド教会で見られた悪魔の姿が見え、ラナルフは逃げ出しました。

chapterhouseは多くの兵士たちに警護されています。部屋は常に鍵がかけられており、出入りに声がけが必要です。Coverdale卿は摂政は徹底的ですから、と二人に伝えます。
部屋に入ると議長のPeter de la mareだけしかおらず皆は食事をしに出かけたのこと。しかしすぐに足音がやってきてシュールズベリーからのメンバーが部屋に入ってきました。尋問はあまりうまく進まず、彼らは二人が死んだ理由も何もわからないとしか言いませんが、アセルスタンは彼らが嘘をついていると感じています。


rememberって何の意味なんだろうなというクランストンに「それはどんな罪も悪事も煙の一吹きのように消えることはなくそれは常に汝を脅かしに戻ってくる」という事ですよ、と答えるアセルスタン。
しかし「白鳥の騎士団」は何を過去にやらかしてるんでしょう・・・
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1515-7145e818

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。