カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sherlock: The Hounds of Baskerville

Sherlock: The Hounds of Baskerville 総語数10277語 YL3.5
Sherlock: The Hounds of Baskerville (Scholastic Readers)Sherlock: The Hounds of Baskerville (Scholastic Readers)
Paul Shipton

Mary Glasgow Magazines 2012-09-06
売り上げランキング : 626

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Sherlock: The [t]Hounds of Baskerville (Scholastic Readers)[an]Paul [as]Shipton


ということで今度はバスカヴィル。こちらはは1500語制限でレベル的にはStudy in Pinkより一段階易しめということになっていますが、あまり差はなかったような気がしました。
こちらもよくまとまって書かれていて楽しかったです。
良い感じで読めるので全作品こちらのレーベルでだして欲しいなあ。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。