カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chirstmas Journey

Chirstmas Journey 1119/3314
An Anne Perry Christmas: Two Holiday Novels (The Christmas Stories)An Anne Perry Christmas: Two Holiday Novels (The Christmas Stories)
Anne Perry

Ballantine Books 2009-03-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
An [an]Anne [as]Perry Christmas: [t]Two Holiday Novels [t]Chirstmas journey



Gwendolenの死に責があるのはIsobelとはっきりされてしまい、贖罪の旅をするかどうか決断をせまられるIsobel.VespasiaはIsobelの旅に付き添うことを申し出、二人はスコットランドへ旅立ちます。
Gwendolenの母、Mrs.Naylorはスコットランドはインヴァネスに住んでいるとのことで、ロンドンから列車で丸一日かけて出かけます。しかし伝えられた住所にMrs.Naylorはおらず、彼女はもう一年半前からBallachulishに行っておりいつ戻るか分からないと言われます。しぶるIsobelを半ば脅すようにしてVespasiaたちはBallachulishへと向かいます。そして旅の間に、Gwendolenの夫KilmuirはGwendolenの母と一緒にいたときに暴走した馬に引きずられ事故死してまったこと、Gwendolenがfootmanとの間に噂があったこと、その噂の出所は彼女の夫Kilmuirで、6年彼女と連れ添って子どもができなかった彼は、Dolly Tywfordと結婚したがっていたという事を知ります。


インヴァネスはグレートブリテン島の北1/3あたり、とかなり北方で、ロンドンからはかなり遠く。しかもヴィクトリア朝ですから、うーん明治時代に東京から函館まで女二人で行け、という感じだったのかな、確かにちょっとためらう感じもわかります。そしてBallachulishはインヴァネスの南西にあり、列車は通っておらず、ネス湖や運河など水路メインの旅のようで、うーん12月にそういう旅は確かにあまりしたくないです。
しかし、Kilmuirの事故死や、Gwendolenのfootmanとの間の噂などどうもGwendolenの自殺の背景はIsobelに辛辣なことを言われたからという単純なものではなさそうです。


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。