--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/15 (Sun) Twelve Days of Winter: Crime at Christmas
Twelve Days of Winter: Crime at Christmas 271/1834
Twelve Days of Winter: Crime at Christmas (short stories)Twelve Days of Winter: Crime at Christmas (short stories)
Stuart MacBride

Harper 2011-12-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Twelve Days of Winter: Crime at Christmas (short stories)[an]Stuart [as]MacBride


2:Turtle Doves

Old castle cityの遺体安置所、検視台に乗せられた遺体を前にサンドラは恋人のケヴィンに電話をかけますが留守電で彼は出ません。クリスマスデートに遅れる連絡を入れてサンドラは電話を切りました。
Muir教授と共に解剖をしているところに警察からさらに2体の自殺者の遺体が運ばれる旨の連絡が来ました。
クリスマスの夜になんて反社会的な二人、と愚痴を言うサンドラに教授は今日は書類だけやって解剖は明日にしよう、クリスマスのボーナスだと思って、となだめます。
サンドラは一体目の解剖を終え、席をはずしてケヴィンに電話をしますが、変わらず彼は電話に出ません。剖検室に戻ると、DITECTIVE Inspector のMacClainが到着していました。自殺した二人は男女で、男の方が病院から検査の結果完全なAIDSであるとの連絡が来たため、二人で手に手を取って死を選んだとのこと。
そうして遺体を包んでいた袋のジッパーを開けたところ、そこに横たわっていたのは・・・


・・・うわぁ。電話に出ないフラグ的に多分そうなんだろうなあ、とは読みながら思ってましたがそうでしたか。しかし、二股かけてた上にAIDSにかかってたのを知らせない上にセーフティセックスもしない男って最低!!
さて、冒頭のgot himself hangedした太った男の遺体、というのは1話の彼なのかな??




スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1557-316a331b

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。