カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr Penumbra's 24-hour Bookstore

Mr Penumbra's 24-hour Bookstore2874/4158
Mr Penumbra's 24-hour BookstoreMr Penumbra's 24-hour Bookstore
Robin Sloan

Atlantic Books 2012-12-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Mr Penumbra's 24-hour Bookstore[an]Robin [as]Sloan


Penumbraの弟子、クレイの前任者、Edgar Deckleはreading roomのfront desk にいますが、彼が鍵を都合してくれて、クレイは真夜中のreadin roomに入ることにします。主目的はCordex Vitaeのスキャンですが、クレイはさらにもう一冊の本、Penumbraの本も密かにスキャンするつもりでいます。Unbroken Spineには3つの段階があり、最初はNorvisからはじまり、Founders puzzleが解けたら"unbound"に昇格、そしてCordex Vitaeの秘密を解読するべく研究を続け、ある時期に自らの全てを本に書き下ろし、それが、"First reader"にマスターピースとして認められれば、"bound"となって、その本は暗号化され、reading roomの書架に納められることになるのですが、クレイはPenumbraが書いた筈の本を探し、scanするつもりなのでした。
暗闇の中、どうにかCordex Vitaeのスキャンを終え、どうにかPenumbraの本を探しあて、スキャンをし、そうしたところで部屋の明かりがつきました。もう朝の8時になっていたのです。
慌てて小部屋に隠れるクレイ。Edgar Deckleの機転でなんとか部屋を抜け出す事ができましたが、クレイはreading roomで、unbound がboundに昇格する場面と、またFirst reader であるCorvinaが、Penumbraを非難し、さらにあやまちを犯すならPenumbraの本は焼かれるだろうと宣言する場面に遭遇します。


深夜の侵入がバレるんじゃないかとひやひや。そしてPenumbraの本を探しているときに、燃えかすでばらばらになって、背表紙にかすかに名前が残って見えるだけの本を見つけるというのがちょっと衝撃ですね。
そしてその本の名前が、クレイが6年生の時から愛してやまないDragon-Song Chroniclesを書いたMoffatだったことも。
PenumbraはMoffatがboundに昇格するときに書いた本はまさにDragon-Song Chroniclesの最終巻で、彼はそれを出版せずにはいられず、結果としてburnedされたのだと教えてくれます。

しかし知識を共有して全体に開くか、限られた中だけにとどめるのか、というのは太古の昔から永遠の課題なのかもしれません。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。