FC2ブログ

A Christmas Visitor

A Christmas Visitor

Christmas Mysteries 1: A Christmas Journey & A Christmas Visitor (English Edition)Christmas Mysteries 1: A Christmas Journey & A Christmas Visitor (English Edition)
Anne Perry

Headline 2013-11-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


19世紀半ばの12月半ば、ヘンリー・ラスボーンは、友人、Judah Dreghornの訃報を知り、ペンリスの駅から6マイルほどの彼の地所へやってきました。Judahはある晩、外出から戻らず、小川で発見され、足を滑らせて頭を打って死亡したのだろうと
出迎えてくれたJudahの妻、Andoniaは夫の死だけではなく、さらに重大なやっかい事を抱えていました。Ashton Gowerという男が、Judahが生前この豊かな地所を自分からだましとったといっているというのです。
Judahはヘンリーが知る中で最も公正な男で、ペンリスの裁判所で判事を務めていた人間です。その彼が、Gowerを不当に投獄し、その地所を自分のものにしたのだという事はとても考えられません。
Gowerの中傷があやまったものだという事を証明する手助けをして欲しいというAnotniaの頼みをヘンリーは快く承諾しました。


ということで、12月ですのでクリスマス本を。
まずは去年読んだChirstmas Journey の作者、アン・ペリーが書いたクリスマス本。今回の主人公は、モンク警部シリーズに出て来る、オリヴァー・ラスボーンのお父さん、ヘンリー・ラスボーンが主人公です。
どんな話しになるのか楽しみ(^^)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1586-364ce478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)