カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

A Year With Frog and Toad

A Year With Frog and Toad [Original Cast Recording]
B0001IN0LWA Year With Frog and Toad [Original Cast Recording]
Robert Reale A Year With Frog and Toad Pit Orchestra Danielle Ferland Frank Vlastnik

Image 2004-04-06
売り上げランキング : 139,297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools[t]:Year With Frog and Toad [Original Cast Recording][an]:Robert [as]:Reale


アーノルド・ロベールのがまくんとかえるくんがとってもとってもカワイイんですよ~!! と力説していたら、「それ、ブロードウェイでかかりましたよ。サントラとっても良かったですよ。」
と教えていただきました。きゃ~~ 人間バージョンがあるですか~!!(ちょっと違う)それで早速聴かせていただいたのですが、絵本の世界を壊すことのない、美しく、そしてほのぼのした楽曲が良かったです。歌にのせられたものを聴いてみるとあらためて、なんてやさしい話なのだろう、と思います。いたわりとやさしさに満ちた言葉と音楽がしみ入ってきました。やっぱりがまくんとかえるくんはいいなあ。

ちなみにこのA Year With Frog and Toad、もともとミネアポリスに本拠地がある子供のシアターが制作、そこからニューヨークの子供シアター、そしてブロードウェイと上がってきた作品だそうです。2003年の最優秀作品賞・最優秀ミュージカル脚本賞・最優秀楽曲賞にノミネート、おしくも受賞は逃しましたが、トニー賞授賞式では、パフォーマンス((Alone)をやったそう)もあったそうです。
2003年のトニー賞の司会も某豪州少年な方だった訳ですが、私は
彼のFrogが観てみたいなあ。Frogをやったらとっても似合うと思うんですよ。「Alone」を歌うHJ・・うっとり(^^)Toadは本当はDWと言いたいところですが、××疑惑がありますので(笑)シュラーにぜひ。またもや妄想スタンピード・・・
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

こんにちは。こちらには初めてお邪魔します。
がまくんとかえるくんの絵本は私も好きで、子どもたちにもよく読んでやりました(もちろん日本版ですが)。手紙の話は小学校の教科書にも載っていますね。
と思ったら、なんとミュージカルも!
う~、2003年度のトニー賞授賞式も見てみたい(みたかった)ですねえ。いろんな意味で(笑)。
HJのかえるくんは私も見たいですよ。でもがまくんは、やっぱり歌唱力(笑)的にもキャラクター的にもシュラーですね・・・なんて私も妄想街道驀進中です。

レイチェルさん こんにちは。
がまくんとかえるくんはとっても良いですね。このミュージカルのサントラもとても良かったです。妄想キャスティングにおつきあいくださりありがとうございます。HJかえるくんと、SHがまくんは結構似合うんじゃないかな、と思っております。(^^)ひそやかに、サントラに入っているSeedsという歌をDWに唄って欲しいと思ったりもするのですが。お嬢ちゃんに語りかけるような雰囲気で(^^)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計