カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だまされたと思って100万語~その1/10:10万語

読書記録をつけながらの洋書よみですが、10万語を通りました。こんな感じで良いのかなあ?と
首を傾げつつの読書です。私がお手本にしているのは、「SSS英語学習法」(公式サイト:http://www.seg.co.jp/sss/)というもので、簡単に言えば、辞書なしで難しくない英語の本をたくさん読んで英語の力をつけようという方法です。

易しいものをたくさん読む」を実践始めて思った事は、レベル2:語数600ー700ぐらいの本になると、ストーリーとして成り立ってしかもそこそこ読ませる本になっているので読むのが楽しい。そして辞書なしで読み進められるからラクで楽しい。SSS多読をされている方達の感想をいくつか読んだ中であった、「楽しく読む」というのが実感できました。これは確かにはじめてみるまでわからなかったことで、自分の今までの読み方では(そして今でも普通のものを読むときには)、とりあえず全体を通して読もうと思っても、分からない単語が多すぎて、意味が取れない。飛ばし読みするが、わからないセンテンスが多くていらいらする。辞書を引きながら読むとなんとか読めるけど、読めておもしろいのだけど、長続きしない、という感じでした。語数制限のない本もこのくらいの感覚で読めたらいいなあと思うようになりました。(このヘン無謀(^^;))

辞書を引かないでいいレベルの本だと、1時間くらい続けて英語の文を読んでも苦にならない。1時間英語の文章漬け、というのはなかなか今までない、できない経験でした。

まだまだとっかかりの「たくさん読む」ですが、このまま続けて100万語で何か変わるのかどうか(^^;)とりあえず挫折せずに続けて行きたいと思っています。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。