--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/07/20 (Wed) 第6章
0747581088Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
J.K. Rowling

Bloomsbury 2005-07-16
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools[t]:Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)[an]:J.K. [as]:Rowling


HBP Chapter 6



さて新学期の準備にダイアゴン横丁へ。なんとなく久しぶりなカンジです。去年はアレだったし、その前の時は・・・モリーお母さんが買い物に行ってきちゃっててダイアゴン横丁にハリーたちが行くシーンがなかったんでした。アズガバン以来。ダイアゴン横丁は雰囲気が大分変わった様子。現実とシンクロさせてはいけませんし、ちょっとこういった例えは不謹慎かもしれませんが、テロ不安を持つような、重苦しいイメージです。
ローブを新しくする先でドラコと遭遇。ちょっともめ事があった後で、皆はフレッドとジョージのお店に出かけます。いろいろ楽しい品物が出てきますが、勢いで読んでるので、双子のお店の品物が今イチピンと来ないまま読んでしまっている気がしてしまいます。このヘンはまた読み返しみてじっくり楽しもうかな。そして双子の店にいる時にドラコが一人でどこかへ行こうとするのを発見。ハリー・ロン・ハーマイオニーは姿隠しのローブに3人隠れて後を追いかけます。行った先はノクターン横丁。2巻でハリーが間違って着いてしまった店です。そこでドラコが店主と怪しげな相談を。ハーマイオニーの奇策(というか結構無謀というか)にもびっくり。

しかし杖作りのオリヴァンダーさんは一体どうしちゃったんでしょう・・
ちょっと可愛かったのはお兄ちゃんズがジニーのボーイフレンドを気にしているような所。末っ子でたった一人の女の子で、で気になるのでしょうか(笑)。でもジニーちゃんの方がなんだか上手っぽいです。

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/735-84109d76

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。