--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/07/28 (Thu) 第12章
0747581088Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
J.K. Rowling

Bloomsbury 2005-07-16
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools[t]:Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)[an]:J.K. [as]:Rowling


HBP Chapter 12


今回は、ホグスミード編。その前に、ハリーは混血王子の魔法書に夢中。魔法薬草学の教科書には、王子が考案したいろいろな呪文の書き込みがあって、ハリーはそれらを試しておもしろがっています。とある夜に見つけたn-vblの呪文を頭の中で唱えると強い光とともにロンが空中で逆さ釣りに・・・同室の皆はおもしろがっていましたが、翌日それを知ったハーマイオニーは不機嫌です。やっぱりなんだかヤバそうな教科書だよハリー。この呪文はジェームズ父さんも使ってた、とハリーは言いますが・・・
10月のホグスミードは悪天候。村でMundungusと遭遇。ブラック家の紋章入りのゴブレットを売っぱらおうとしてたらしいMundungusにハリーはかんかん。トンクスが現れて、なんとかその場がおさまりますがハリーは怒っています。ホグスミードからの帰り道、先を行くKatie とLeanneがケンカをしている様子。いきなりKatieが空中に投げ出され、ハリーたちで引き下ろしますが、Katieはのたうちまわり、叫び続けます。助けを呼びに行くハリー。ハグリッドと共に引き返し、城へ。原因はKatieがThree Bloomsticksの化粧室から戻ってきたときに持っていたというパッケージ。中にはオパールのネックレスが入っており、ハリーはそれを4年前にBorgin and Burkesの店で見たことがありました。のろいのネックレス・・・ヤダなあ。迎えにきたマグゴガナル先生の部屋へ。そこでハリーはドラコの仕業だと言いますが、先生は、彼は今回私の居残りでホグスミードには行っていないと言います。しかしハリーは頑強にドラコの仕業だと思いこんでいます。
ハリー頑固だなあ。




スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/744-de936226

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。