カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14章

0747581088Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
J.K. Rowling

Bloomsbury 2005-07-16
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools[t]:Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)[an]:J.K. [as]:Rowling


HBP Chapter 14


お年頃な彼ら。
ロンはハーマイオニーのスラグ・クラブにお冠。ロンとハーマイオニーはケンカというかなんというかうまく行きません。
ジニーが意外と(当然?)大胆です。そしてロンをぼろくそにこきおとすあたり、妹はコワイ・・(

クディッチの初戦に向け、ハリーとそしてロンがナーバスに。ロンはあがり症というかそういうタイプで、彼の良い面が出るといいんだけど、だめとなるとぼろぼろになるタイプ。スリザリン戦が近付くに連れ、動きがどんどん悪くなるロン。
ハリーは、ロンと、ディーンをチームに入れた事でひいきでチームを作っていると言われている、といらいら。
そんなロンを落ち着かせるためにハリーが考えた計画とは「幸運の薬」を使うこと。
実際に使うのではなく「幸運の薬を飲んだ」とロンが誤解することでロンのナーバスさを消してやろうとしたハリー。
その計画はうまく行ったのだが、薬を使ったと誤解したハーマイオニーとロンとの間はさらにこじれてしまった。
うーん・・・この二人にはうまくいって欲しいのだけれど




スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。