--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/10/10 (Mon) ファイナル・ポスト!
ファイナル・ポスト!

10月8日

今やオーストラリアでDVDがリリースされて、モントリオール国際映画祭でのインターナショナル・プレミアが開催されたので、3ドル映画のブログをお終いにするには良い時期だろう。

大いなる一年だった。次ぎのアリーナ・フィルムの映画は、ROMULUS, MY FATHERで、私がプロデュースし、俳優のRRがはじめて監督する。主役はエリック・バナだ。私たちは来年の4月に撮影に入る。

それからMadmanが2006年の始めにTHE BOYS, THE BANKそしてTHREE DOLLARSのボックスセットをリリースする予定だ。それはある種の政治的トリロジーで、全てDWが主演し、同じ制作集団で、10年以上かけて作られた。

今年のブログを読んでくれたみなさんありがとう。公開中一週間あたり35000ヒットもあった。みなさんのこの映画への興味とフィードバックに非常に感謝します。

来年、ROMULUS, MY FATHERで、また(ブログを)始めるのを楽しみにしている。チェックしていてくれ。

ロバート
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
とうとうお終いになりました。ロブろぐ。
なんとかこのつまみぐいテキトー読み(抄訳)マラソン完走です(^^;)
3月14日から10月8日まで7ヶ月。5月後半からはほとんど投稿がありませんでしたけれど、きちんと締めてくれて良かったなあ。

ある意味感無量(^^;)

ちょっと気になる"Politics trilogy"ですが、日本語に訳して「政治的」というとかなり硬い感じが強まりますが、日本で紹介されるときの「社会派映画」という感じなのではないかとぼんやりと思っています。
例えば「チャイナ・シンドローム」とか「アニマル・ファーム」とか。
ロブ監督は多分、現代のオーストラリア社会のきしみみたいなものを描きたいヒトなんだろうなあ、と思うので、ボーナスディスクではそいういことについて語ってくれるのかも。

ついにDWとの10年計画の全貌が明らかになるかと思うとどきどきです(^^;)

個人的にはアリーナ・フィルム設立のあたりの裏話をぜひ語ってもらいたいものです。どうやって28才、AFTRSを出て一年ちょっとぐらいの時に、20年以上プロデューサーとして活躍、カンヌやヴェネツィアをぶいぶい言わせていたジョン・メイナードを口説き落としてアリーナ・フィルムを設立することができたのかとかあと、The Boysの映画権をいつ取ったかとかDWとの出会いのあたりとかをよろしくお願いしたい。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/811-0d7e23b4

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。