カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Star Wars Episode III: Revenge of the Sith

Star Wars Episode III: Revenge of the Sith
Star Wars Episode III: Revenge of the Sith (Au Star Wars)Star Wars Episode III: Revenge of the Sith (Au Star Wars)
Matthew Stover Jonathan Davis

Random House (a) 2005-04-02
売り上げランキング : 186,918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Star Wars Episode III: [t]:Revenge of the Sith (Au Star Wars)[an]:Matthew [as]:Stover [an]:Jonathan [as]:Davis



昨年末にAudibleで購入していたEPIIIのAbridged 版朗読を聞き終わりました。良かったです。Aさんがブログでコメントされていたように、効果音や音楽が映画で使われているものと(多分)同じなことと、朗読のJonathan Davis 氏が本当に良くてラジオドラマを聞いているような感じで楽しめました。オビワンはオビワンらしく、アナキンはアナキンらしく、それぞれのキャラクターが「らしく」語られていて、地の文も聞き易く、パルパティーンのダークサイドへの誘惑のシーン、オビワンとアナキンのやりとり、ヨーダと、オビワンのやりとり、ドコモ良かったです。地の文の聞き易さは、Lotrの朗読をされているRob Inglisよりぱっと聞き易い印象でした。
オビワンとアナキンの関係も、かつて師弟関係で、今はジェダイナイトとジェダイマスターとして、あるけれど、やっぱりかつての師弟関係が伺える所とか、その上でオビワンがアナキンに対して「young friend」と呼びかける所のお互いの立ち位置とかが伝わってくるようなとても良い感じでした。

朗読のオビワンは非常に端正なイメージのオビワンで、アナキンが越えられそうでいてでもなぜかどこか越えられない、憧憬と嫉妬が微妙にまざったオビワンへの感情も納得という印象。
何というか、ライトセーバーで闘ったり、組み手をしたらアナキンの方が勝つんだろうな、と思わせつつ、でもオビワンの方がもう一歩先に進んだ場所にいるというかやっぱりオビワンはジェダイ・マスターで、アナキンはジェダイ・ナイトという印象が伝わってきて、そのあたり個人的にツボでした。

ユアンのオビと微妙にズレつつ、重なりつつなオビワンな印象です。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

Jonathan Davis氏の朗読は本当に明晰で、自分のリスニング能力が上がったかのような錯覚を覚えます(笑)。

オビワンとアナキンの師弟関係の描写がすごく良かったですよね。グリーヴァス討伐に単身赴くオビをアナキンが見送るシーンとか、2人の精神的な距離感の描写が素晴らしかったです。

嫉妬といえば、パドメが、自分が最終的に「信頼」するのはアナキンではなくてオビ=ワンであるということに気付いてしまうシーンがありますが(Abridged 版には出てきませんでしたっけ?)、その辺をおそらくは薄々感じ取っているであろうアナキンの嫉妬とか焦燥とか対抗心とか、細かい心の動きが手に取るように分かって、ちょっと同情してしまいました。朗読のアナキンは根が暗いというより、むしろ幼さ、未熟さが強く感じられて、その分哀れです。
朗読版オビは、まさに「端正」でしたね。すごく大人でなおかつ心に曇りが全く無い感じで(心配事は一杯あるけど(笑))、この人にはダークサイドは本当に縁が無さそうだなぁ、という印象でした。そして、その分、オビとアナキンの精神的な成熟度の差がものすごくはっきりしてて、最後の師弟対決の結果がすごく説得力があるなぁなどとも思いました。

そうなんです!

>オビとアナキンの精神的な成熟度の差

これ、今回の朗読を聞いて一番感じました。朗読のアナキンはなんというかつっぱている子供のイメージ。そしてシス卿の誘惑も巧みなので、映画以上に哀れ度が増すといった感がありました。
映画を観ている前提で聞いているモノですが、さらに肉付けされたり、雰囲気が変わって感じられる、良い意味で映画のノベライズをたっぷり楽しめたなーと思いました。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計