カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

オリエント急行殺人事件

Murder On The Orient Express 141/320
Murder On The Orient ExpressMurder On The Orient Express
Agatha Christie

Berkley Pub Group (Mm) 2004-08
売り上げランキング : 7,688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Murder On The Orient Express[an]:Agatha [as]:Christie


証言その3。従者:valetって邦訳では何て訳してあったかな。召使? イメージとしては執事さんなのだが。

証言その4。ハバード夫人
証言その5。グレタ・オルソン
証言その6。ドラゴミロフ公爵夫人
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

今読んでいる本に「valet」についての説明がありました。「従者」や「付き人」的な役割を負う男性の使用人の中の一ランクです。
「使用人」と一口に言っても様々なランクがあるんだそうです。で「valet」は、その中でも執事同様、かなりの上位ランクにある使用人なんだとか。
日本語訳本でどの要に訳しているかは私も記憶にないのですが、この本に書かれている仕事内容からすると、ぴったり来る訳語は「付き人」かなぁ。身の回りの世話は全て引き受けます、といった役割です。

本はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/4896919351/249-9537863-8345160?%5Fencoding=UTF8&v=glance

日本人には「使用人」というシステムは分かりにくい部分ですから、こういう形でしっかりまとまっていると海外モノを読むときに参考になっていいですね。ポワロ氏の時代は「大英帝国」ではないけれども。

忙しさからの逃避でドカ買いした中の1冊です。
  • パインツリー 
  • URL 
  • 2006年03月19日 21時59分 
  • [編集]

カッコよすぎ 

なるほどー。いろいろなランクがあるんですね。ご紹介いただいた本もおもしろいですね~。うーんぽちっとなしてしまおうかな。このあいだ読んだ「不機嫌なメアリー・ポピンズ」という本もおもしろかったです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582852734/qid%3D1142935605/249-2829634-7507548
というかイギリスってこんなに「階級」という意識があるのかとちょっと怖くなったというか(^^;)
  • すなみ 
  • URL 
  • 2006年03月21日 19時12分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索

イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

ゴガクル

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。