カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

The Lightning Thief (Percy Jackson and the Olympians)

The Lightning Thief74/375頁
The Lightning Thief (Percy Jackson and the Olympians)The Lightning Thief (Percy Jackson and the Olympians)
Rick Riordan

Miramax 2006-04
売り上げランキング : 895

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Lightning Thief ([t]:Percy Jackson and the Olympians)[an]:Rick [as]:Riordan


展開がとんとんとーんと進んでおもしろ~い。スピード感があります。特に朗読してもらってると、そもそも少年の一人称なのでイイカンジに臨場感が出ます。この話、現代でもギリシアの神たちは存在していて、神と人との間に生まれる子どもたちもやっぱり存在して、という話で、主人公は、そのギリシアの神(お父さん)と人間(お母さん)との間のコドモという事です。第2章ではもう早速運命の3人の女神が出てくるし、ミノタウロスとか、ケイロンとか、ディオニュソスとか、サテュロスとか、出てきます ― 現代に適応しつつ(適応してるのかな(^^;))
今のところ、はてな? が続いていい具合に引き回されてます。

しかし、神さまと人間の間に生まれた子どもたちの事もこの本ではHalf-bloodって云っているのが、なんだか不思議な感じ。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計