--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/25 (Sun) The Lightning Thief
The Lightning ThiefYL 5.5 総語数86826
The Lightning Thief (Percy Jackson and the Olympians)The Lightning Thief (Percy Jackson and the Olympians)
Rick Riordan

Miramax 2006-04
売り上げランキング : 895

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Lightning Thief ([t]:Percy Jackson and the Olympians)[an]:Rick [as]:Riordan


読了。スピーディな展開で続きを早く早く~という感じで読めてしまいました。難易度はデルトラクエストくらいかな? 基本的に場所は現代アメリカなので、デルトラよりも想像しやすくて読みやすいかもしれません。
ギリシャ神話とアメリカの地理関係がアタマに入っていた方がより分かりやすいでしょう。意外にギリシャ神話の人間関係(というか神属関係か)に忠実なので、そのあたり押さえてあると一粒で二度おいしい、といった所です。

主人公のパーシー・ジャクソンはオリンポス神の一人である父と、人間の母親の間に生まれた子ども。その事実を彼は12才まで知らずにいた訳ですが、こうしたhalf-bloodはモンスターに狙われやすい(神さまも存在しているから、モンスターも存在しているというわけ!)ので、half-blood campに集まって保護されたりトレニーングを受けたりしなければならない、という設定。モンスターに追われながらなんとかキャンプに逃げ込んだパーシーは、父神に認められたのは良かったものの、ゼウスの雷撃を盗んだと決めつけられ、その汚名を濯ぎ、雷撃を取り戻すためのクエストに出発せざるを得なくなってしまいます。アテナの娘アナベスと(いつからアテナはその気になったというんだろう(笑))サテュロスのグロバーと一緒に、クエストに出かけることになります。

という感じで基本のノリは少年ジャンプです。行く先々でモンスターに出会っては切り抜け、罠にかかっては切り抜け、いろいろ都合が良すぎたりする所もあるんですが、もともとギリシャ神話じたい都合良すぎるパターンもあるので、無問題(そうか?)
闘いの神アレスがバイカーだったり、冥府の河の渡し守カロンがイタリア製のスーツ着てバリー・マニロウ好きだったりとかビミョウな所にウケました。あと、シリアスな場面と、そこで冗談言ってる場合じゃないだろう!! のタイミングがまた絶妙で、おもしろかったです。キャラクターはある意味ステレオタイプだし、物語の行く先も大体読めるんだけど、語り口のおもしろさと、場面の展開のうまさでどんどん先を読まされる感じでした。
どこかが映画権を取ってるみたいですが、これはTVドラマか、すごっくベタな感じのカートゥーンで見たいなあーというイメージです。
正しく8-12才の男の子向けの本、という感じ。こういうの、日本ものの児童書に少ないんだよね。こういうノリのはマンガにいっちゃうんだろうな、日本の場合。

しかし、当然の事ながら、ギリシャ神関係のあたりが英語で書かれていて、朗読も英語読み、なので、いちいち自分が覚えている日本語化している神々の名前と一致させるのにタイムラグがでてしまって戸惑いました。
はーみすって誰だっけ?とか、(ヘルメスのこと)主人公のパーシーも、本名はペルセウスなんですが、英語読みだとぱーしあすって読まれてて、だからパーシーでいいのか、などなど。

おもしろかったので2巻目も続けてオーダーする予定。
スポンサーサイト

comment

これ、面白そうですね。
英語読みするときの本の選択は、普段の読書本の興味を基準にすると意外と失敗になってしまって、「次にどうなるの?」というわくわくドキドキ感で引っ張っていってもらわないとなかなか最後までたどり着けません。

現在、なんとなく中断してしまっている英語本読みですが、一応20万語くらい読んだし、錆つきが化石にならないうちになんとかしないと・・・(^^ゞ
というわけでとりあえす、前にすすめていただいたシアラーの海冒険ものあたりから取り掛かろうかと思ってます。もうちょっと読めるようになったら、この本も。
2006/06/25 22:06 | URL | 玉兎 [ 編集 ]

おもしろかったですよ~ これ。ものすごい勢いでひっぱられました(^^)。結構めまぐるしくって、何せ、途中クエストに出発~冥府の河の入り口までの160頁の間に、モンスターに襲われること4回、罠に陥れられること2回、というもりだくさんさですから(^^) 厚さの割には、さくさく読まされてしまいました。笑いどころとしんみりどころとの混ざり具合も良い感じでしたよ。そういえばシアラーの海モノも、笑いどころとしんみりどころの混ざり具合が良い感じなのでした、はっ 単に私の好みってだけかも(^^;) 2巻目、まだペーパーバックが出ていないので、出るまで待つか、ハードカヴァーを買っちゃうか悩み中です
2006/06/26 23:20 | URL | すなみ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/951-f20b4e6e

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。