--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/19 (Wed) Fatal Shadows
Fatal ShadowsYL 6.8-7.2 総語数50544語
Fatal ShadowsFatal Shadows
Josh Lanyon

GMP 2000-05
Sales Rank : 614784

See details at Amazon
by G-Tools
[t]:Fatal Shadows[an]:Josh [as]:Lanyon


ゲイ・ミステリ。
主人公はLAに住む、書店オーナー兼ミステリー作家のAdrien English。Adrienが、店にやってきた二人組の刑事、ChanとRiordanから、従業員で高校時代の友人でもあったRobertの死を告げられる、というところから話が始まります。
Robertの殺人容疑はかけられるは、さらに身近な友人が殺されるわ、自分の身にも危機がせまってくるわ、という、ストーリー展開としてはオーソドックスな、主人公の一人称で語られる、素人探偵モノです。

「あんまり難しくなくて(YL6-7程度)、あんまり長くなくて(本文がPBで156頁)結構おもしろいよー。一度絶版になったのを、シリーズ3作目が出版されたのを機に作者がホームページでPDF版をフリーで公開してるよ」、という紹介でその気になって読んでみました(なので今回私が読んだのもそのPDF版です)。

日本でも紹介されたゲイ・ミステリの、マイケル・ナーヴァがゲイ版レイモンド・チャンドラー、ハード・ボイルドだとすれば、このJosh Lanyonは、ゲイ版ジェフ・アボットあたりでしょうか? この本の主人公の好みと同じく、コジー・ミステリーなんじゃないかと思います。

ちょっとこの殺人は動機として弱いのでは? とか、高校時代のエピソードや、人間関係をもうちょっと書き込んでもらっても、という部分もないわけではないけれど、トントーンと進んでいくストーリーは読ませてくれます。
ゲイミステリなので、主人公をはじめ、メインの登場人物はほとんどがゲイかバイですが、基本的なミステリとしての作りや、小ネタの使い方、人物関係などは、コジー・ミステリーの王道な展開で、そのへん、比較しながら読んでもおもしろい感じです。

コジー・ミステリ的な展開から言うと、初対面の印象が主人公には最悪で、イジワルなんだか優しいんだか、ぶっきらぼうなRiordan刑事(Adrienとの会話はボケとツッコミの漫才みたいなかけあいになってて楽しい)と2巻目以降イイ雰囲気になる筈なんだけど(^^;)、気になります。

しかし、再販の予定がないから、とフリー公開はふとっぱらだなあ>作者。
シリーズ最新刊が出て、遡って読みたい人は困るよね、ってあたりは作者本人のシリーズものスキー具合が出ている感じがします。ちなみに、「(本で欲しい)コレクターの人は、一応市場にまったくない訳じゃないから、欲しい人は見かけたら買ってね」、ってトコもうけました。

えーと、ミステリで良くある程度には、主人公のベッドシーンはありますので、その手のがダメな方はご注意を。

作者公式サイトはこちら
http://www.joshlanyon.com/index.html
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/959-8998e868

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。