--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/03 (Thu) ゲドを読む
A Wizard of Earthsea
The Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)The Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)
Ursula K. Le Guin

Puffin Books 1993-06-24
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)[an]:Ursula K.[as]: Le Guin


ということで今月のMLの課題図書、A Wizard of Earthsea読み始めです。無謀にも4冊合本を買ってしまいましたが、果たして今月どこまで読めるものか(^^;) とりあえず一巻目のA Wizard of Earthseaは読み切れるようにがんばりたいです。できれば全部読みたいけれど。
邦訳を読んでいるせいか、なんとなくイメージが立ち上がりやすくて、やっぱり既読本は違うなあ、などと思いながらとりあえず第一章です。kingsfoilなんてさらっと出てきてちょっとニヤリとしたり。しかし、これ朗読は6時間12分ということになっています。意外と短いというべきかそれとも長いというべきか。むむむむむ。
スポンサーサイト

comment

こんばんは。私もこの合本を持ってますが、見事に積んでます…。
ゲド戦記は、よく難解であるとか、深くて難しいといわれるので、ちょっと腰が引けてしまってます。LotRとどちらが難しいんでしょうね?
2006/08/03 23:08 | URL | 青猫 [ 編集 ]

こんばんは。今回のMLでは、この本の特徴として、極端に難解な本ではないけれど1)古英語っぽい言いまわしが多用されている。2)一文が長い。3)この世界独自の造語が多い ということで読みにくさがあるかもしれませんとコメントされました。
読んでいる印象としてはLotRより難しいということはないと思います。(翻訳を読んでいるせいかな? それと、この先難しくなるのかも?)
>ゲド戦記は、よく難解であるとか、深くて難しいといわれる
これは登場人物の台詞や行動がいろんな意味に取れたり、奥の深いものだったりする所がきている感想のような気がします。青猫さんが邦訳をお読みでないとすると固有名詞や造語にちょっとてこずるかもしれませんが、読み応えのあるファンタジーですよ。オススメです。
2006/08/04 20:47 | URL | すなみ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/964-f8a12e73

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。