カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

影とのたたかい

A Wizard of Earthsea90/154頁
The Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)The Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)
Ursula K. Le Guin

Puffin Books 1993-06-24
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)[an]:Ursula K.[as]: Le Guin


第6章まで。
ロークを出てLow-Torningに赴くこと。魔法によらない船の扱いを覚えること。救えなかった子供と境界を越えること。影にまた出逢うこと。ペンダーのドラゴンとの対決(対決というか対話というか)。ロークの拒否。謎の灰色のフードの男の示唆によるOsskilへの航海。Skiorh。

ああ、そういえばそういう展開だったっけ、と思いだしながら読み。固有名詞の原書での音と日本語の音がうまく一致しなくてこれ誰だっけ~という感じになりながら進めています。大分慣れたといいましたが、やっぱりどうしても朗読の「過剰さ」にいらいらしてしまうので次ぎからは聞かずに読むかもしれません。普通に読んでくれれば良いのに、時々ものすごーく「過剰」になるのが辛い。それは抑揚であったり、スピードであったり声色だったり、なんと言ってよいのか説明しにくいのですけれど。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計