カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

影とのたたかい

A Wizard of Earthsea154/154頁 YL7.5 総語数56530語
The Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)The Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)
Ursula K. Le Guin

Puffin Books 1993-06-24
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Earthsea Quartet (Puffin Books) (Earthsea#1-4)[an]:Ursula K.[as]: Le Guin


10章。最後の季節が真冬、冬至から最初の新月期で、もっとも「良くない時期」だったということをすっかり忘れていました。アーキペラゴのイメージは地中海というか夏っぽいイメージで、あまり寒い印象はなかったんですが、原書読みで読み返してみたら、今回の話は雪とか冬の海とかでかなり寒々しい感じです。
しかし何度読んでも、影の名前を呼ぶシーンはうわーという感じです。

真の名前を呼ぶというと、マキリップのCalling(妖女サイベルの呼び声)なんか思い出すわけですが、あれもブラモアへの最後の呼びかけで、真の姿を表す所は圧巻だったよなーなどといろいろ。

一巻は本当に若い、ゲドだなあ、と5巻を読んでから1巻に帰ってくると思います。

今回はかなり邦訳を読んでいるせいか、「なんとなく」読めてしまったような所もあり、YLが良くわかりませんでした。
この本、ものすごく難しい文章という訳ではないのですが、魔法使いらしい、読んでいる方を煙に巻くような言い回しや、Earthseaの世界観のための独自の固有名詞も多くて、邦訳を読んでいたのであまり惑いませんでしたけれど、初読だったら果たしてどうだったのだろう、とか。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索

イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

ゴガクル

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。