カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラワー・ベイビー

Flour Babies16/156頁
Flour BabiesFlour Babies
Anne Fine

Laurel Leaf 1995-11
売り上げランキング : 89370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Flour Babies[an]:Anne [as]:Fine


読み始め。というか今週の金曜日に図書館に返さないといけないのに、間に合うんだろうか? 延長しないと間に合いそうもありません。今月のMLの課題図書はペリカン文書で結構長いし、今月は誰かさんの誕生月だから少しそっち関係のコンテンツも増やしたいし、週末はイベントが入りまくって使えないし(泣)
カーネギー章受賞作。「落ちこぼれクラスの一員サイモンは、サイエンスフェアの課題、フラワー・ベイビーに取り組むうちにいろいろ考えることが出てきて・・・」という話のよう。第一章は担任の先生視点で、4-Cクラスがいかに大変なクラスかという前ふりのところです。サイエンスフェアはクラスごとにいろんな実験をしてその成果を発表する、という全校あげての催しのようです。生徒たちは、石鹸つくりだの、ウジ虫農場だの、爆弾カスタード作りをやりたいといいますが、物理も化学も生物も前年度パスしていないオマエたちにはそんな課題はやらせられない、と選ぶべき課題を出されるのですが、それが、"textile,nutrition,domestic economy,child development,consumer studies"のどれか。「そんなの半分も意味わかんねぇ」と言い出す生徒に"sewing,food,housekeeping...."と説明しなおす先生。いろいろ苦労が偲ばれます。結局child developmentが選ばれ、その内容がFlour Babyというわけです。
Flour Babyというのは、実際にアメリカやイギリスの学校で行われている教育プログラムの一つで、赤ちゃんの重さの小麦粉をつめた袋をFlour Babyとして、一日中ずっと世話をするというもので、このプロジェクトを通して、子供が育つためには何が必要なのかということや、自分がどう世話をされて大きくなってきたのかなどを考察するように導くプログラムだそうです。

まだ助走の所なのでどう動くか興味深々です。しかし読み始めてみたらかなり読みにくくて、せんに読んだゲドや、今読み始めたペリカン文書よりイメージがつかみにくい。難しい単語がガンガン出てくるという訳ではないのですが、イディオムや、今風のいいまわしに戸惑うというか。現代モノの児童小説は難しい...
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。